<<接骨院ページはこちら>>

鍼治療について

鍼治療について

鍼治療って?

鍼を体に打つ(刺す)治療法です。鍼治療の効果は世界的に認められていますが、治療方法がたくさん存在するため、どういった疾患・症状にどのような効果があるのか、一概には言えません。鍼灸院ごとまたは鍼灸師(鍼を打つ人)ごとに治療方法や効果が違うと考えてください。

当院の鍼治療について

ここで説明するのはあくまで当院の鍼治療です。当院の鍼治療の主な特徴は・・・

  • 主に運動器を狙う
  • 長い鍼で深部へ刺鍼
  • 即効性がある(※)

運動器を狙う

運動器とは筋肉や関節、神経などの身体を動かす為の組織を言います。当院では患者様の疾患や症状の原因となる運動器に対し、鍼治療を行います。

長い鍼で深部へ刺鍼

マッサージや低周波といった治療で改善しない方や何度も同じ症状を繰り返す方は深部に原因がある可能性が高いです。

その為、マッサージや低周波といった表面的な治療をしても、なかなか改善されません。

当院では長い鍼を用い深部の運動器まで刺鍼します。深部への刺鍼は通常の鍼治療よりも解剖学の知識と技術を要するため他ではあまり行いません。

即効性がある鍼治療

当院では『痛みや痺れは主に筋肉の緊張(縮んでかたくなった状態)により神経や血管の圧迫されたもの』と考えています。

緊張している筋肉に鍼を打つと筋肉がゆるみます。筋肉がゆるむと神経や血管が圧迫から解放され、痛みや痺れなどの症状が改善します。

※効果には個人差があります